排水処理の計悪を立てるときの注意

排水処理を行う時には、排出される量や含有物の種類、コストなどを考えて計画を立てる必要があります。まずは排水口に流れる水質を確認しましょう。どのような排水なのかがわからないと計画の立てようがありません。そこで法令で定める基準値からどれだけの逸脱かあるかを確認します。

少なくてもその値を満たすようにしなければ法令違反となってしまいます。次に排出量や有害物質を減らすことを考えます。排水処理する量が減れば、それだけコストがかからなくなるからです。最終的になくすことができなかった排水について、処理方法を検討します。

もう一つ重要なことは、排水を均一化することになります。製造工程は一定ではないので、有害物質の含まれるも一定ではありません。平滑化することで安定した処理ができるため調整槽を作ります。調整槽から排出される量や頻度に合わせて排水処理のプロセスを構築します。

製造工程に影響を与えないように、余裕を持った計画が重要となります。監視方法や測定方法も重要な工程の一つです。排水をどのようにして監視して、基準値以下であることを測定するかを決めておかなければいけません。この工程で時間がかかってしまうと処理能力自体が低くなり、トラブルの原因となります。

全てが問題なく処理されたら安心して排水することが可能です。これらのプロセスを構築するのは簡単ではなく、何度か計画を変更しなければいけない恐れもあります。余裕を持って対応した方が安心です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です