排水処理の仕組みについて

排水処理の仕組みについて、まとめていきます。まず、排水とはトイレや洗濯等の生活で使用によって汚れてしまった水のことを言います。これらは排水溝を通じて下水道管に流れ込み、地面に埋まっていてる下水道管から下水処理場へと繋がっており、決められた地域内ですべて1か所に集まってきます。ここで排水処理をすることによって、汚れた水がきれいな水へと戻る仕組みです。

排水処理の様々な工程について、説明していきます。下水道管を経て下水処理場にたどり着いた水は、沈砂池という場所を通過し、大きなゴミ等を取り除いていきます。次に最初沈殿池で沈砂池で取れなかった汚れを時間かけてゆっくり沈ませていき、反応タンクへと運ばれて行きます。ここでは微生物を使って汚れの排除を実施します。

その後、最終沈殿池で微生物を取り除き、消毒施設へと流れていきます。消毒には、プールでも使用されてている塩素が用いて殺菌消毒を行っています。全ての工程を経て、安全できれいな水が川や海へと流れていくというものです。その他にも、下水処理場には大きな役割があります。

工程の前半で出たゴミや汚れはタンクの底などに溜まっており、これを汚泥と言います。この汚泥を自然へ流すと環境汚染にもつながる恐れがあります。そのため、併設される汚泥処理施設でバイオマスエネルギーに変換する作業などに活用し、環境保護にも努めています。このようなことから、私たちの生活は守られています。

排水処理のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です