詰まりと水漏れが起こった場合の対処法

家庭内の水回りのトラブルと言えば「詰まり」と「水漏れ」ですが、自分で直せる軽いものからプロに任せた方が良いものまで、その状態は様々です。軽い詰まりと言えるのは、トイレの場合は流れがいまいち、排水管から変な音がするといったもので、一応流れることは流れるといった状態です。これがひどくなると、排水レバーを回してもまったく流れず、便器から溢れてきてしまいます。また、軽い水漏れは蛇口から数分に1回程度水が垂れたり、床に水滴の跡がいくつかある状態ですが、放置すると引っ切り無しに水が滴り落ち、水道代が高くなったり床がカビたりという事態を引き起こします。

キッチンや洗面台の排水パイプが詰まった場合、気軽に試せるのが市販のパイプ洗浄剤です。トイレの場合は一般的にラバーカップが使われます。ラバーカップはトイレ詰まりの救世主なのですが、比較的手前で詰まっているケースに最も有効で、さらに奥の方で詰まっている場合はあまり効果がないと言われています。ラバーカップで直らない場合は、早めにプロに相談する方が良いです。

水漏れは蛇口のハンドル箇所のパッキンの劣化が多いのですが、トイレの場合は通水管や温水洗浄便座、タンクや便器というように、どこからでも水漏れが起こり得ます。パッキンの劣化の場合は交換すると良いだけなので水道会社に連絡するまでもありませんが、壁との接合箇所の劣化や温水洗浄便座本体の故障の場合は自力での解決は簡単ではありませんので、水道会社に電話を入れる必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *