水道詰まりを感じた時には対応する修理会社が必要です

水道詰まりという現象では、多くの方が排水口から下の部分が問題となっていると解釈することが普通です。排水口から排水管においては、比較的簡単に修理をすることができ、水回りのトラブル専門として営業する会社であれば全ての会社が対応範囲にしているので安心です。ところが水道詰まりには別の問題もあり、水道管内部が詰まりを起こしているという現象です。同じ住宅に長年住んでいて、徐々に問題が起きている場合は把握することが難しいかもしれませんが、水道管内部に詰まりが起きていると、蛇口から出る水量が少なくなります。

バスルームの場合は顕著に表れることが多く、湯船にお湯を入れて適正な水位まで溜めるような時には以前よりも時間が掛かってしまうということも少なくはありません。この水道詰まりの多くは、旧型の鉄管を水道管に使っている住宅で起きやすく、実際にバスルームであれば蛇口を外してみると、給水管の内部が錆だらけになっていることも多々あります。錆は水道管の中では減ることはなく、増えていく一方なので最悪な事例では、内部が4分の1程度まで塞がれてしまっている住宅も存在しています。修理方法は鉄管では錆だけを取り除くことは不可能に近く、たとえ出来たとしても水道管の外側に穴が開いてしまうリスクがあるので、修理法は交換です。

住宅内全ての水道管を錆の出ない樹脂管へと交換することがベストではありますが、日数とお金が掛かってしまうので、もしも余裕が無いという方であれば、詰まりの被害を感じている箇所だけの交換も無理ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *