トイレで起きたつまりや水漏れを直す方法

トイレでつまりが発生したら、ラバーカップがあると便利です。

ラバーカップでつまりを直すのは基本中の基本ですので、使い方まで覚えておくことをお勧めします。使い方はいたってシンプルで、排水口にカップを押し付けて、一気に引き抜くだけです。これだけで圧力によってつまりが解消されます。お湯で解消する方法もあり、一気にお湯を流し込むだけで直せるケースもあります。お湯の量は多めが良いので、十分な量を用意してから試しましょう。注意点としては、トイレの破損につながるために高温はNGです。

60度程度がちょうど良いとされています。トイレでは給水管や排水管からの水漏れがしばしば起こります。主な原因として挙げられるのはパッキンの摩耗であり、繰り返し水を流していくうちに傷がついたり減っていきますので、定期的な交換が必要です。パッキンの交換以外では、ナットの緩みもよく起こりますので、締め直す箇所は確認しましょう。

管の部分が破損していたらできるのは応急処置だけですので、早めに業者に依頼して交換してもらうことが大切です。多くの原因が考えられる水漏れでは、原因が分からないこともありますので、その場合は深追いをせずにできることをやったら専門家に任せた方が良いと言えます。内容によっては原因を特定することさえ難しいのが水漏れであり、トイレで致命的なトラブルを起こしたらしばらく使えなくなってとても困ります。悪化させるくらいなら、最初から依頼するのが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *