トイレのつまりや水漏れの原因そして対処方法

トイレでつまる原因には様々ありますが、最もよく知られているのが、トイレットペーパーの過剰使用によるもです。

トイレットペーパーは水溶性の紙類であるとはいえ、大量に使えば溶け残って、排水口付近でつまりを引き起こすことになります。その他の原因としては、オムツのような非水溶性の紙類や、ハンカチといった布類、さらにスマートフォンや玩具のように固形物でも、つまりのトラブルが数多く報告されています。水溶性の紙類が原因の場合、市販のラバーカップや真空式パイプクリーナーを使用して、比較的容易につまりを解消することが可能です。

ただし非水溶性の紙類や布類あるいは固形物が原因のケースでは、無理矢理に押し流そうとするのは禁物。さらに排水口の奥深くで挟まってしまい、取り出すのが一層困難になります。もし手の届く範囲であれば、ゴム手袋などをして、手で直接取り出すのがベター。ただし手の届かない奥深くであれば、地域で信頼できるプロの水道修理会社へ連絡してください。トイレでは水漏れによるトラブルも珍しいことではありません。便器にいつまでもチョロチョロと水が漏れ続ける、タンク内からポタポタと水音がする等、様々な事例が報告されています。

水漏れのケースの多くが、タンク内に格納されているパーツの異常に求められます。例えばフロートバルブが故障すれば、便器へいつまでも水が流れ続けることになります。またボールタップに異常があると、タンクへ給水され続けることになるため、ポタポタといった水音が聞こえることもあります。これらのパーツ類が経年劣化等で故障していれば、丸ごと交換するのが通常です。専門的な知識や技術も必要なので、プロの水道修理会社へ依頼することになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *