トイレのつまりと水漏れ修理の注意点

トイレの2大トラブルが「つまり」と「漏れ」ですが、毎日使用するものの割に発生する回数が決して多くはないため、ほとんどの人が慌て、何をどうすればいいのかわからないという事態に陥ります。

比較的多いのがつまりの方であり、トイレットペーパーを使い過ぎてしまうこともありますし、排泄物をつまらせてしまうこともあります。また、ポケットの中に入れていた小物をうっかり落としてしまうこともあるでしょう。中には、大丈夫だと思って赤ちゃんの紙オムツを流してみたという人までいます。つまりの場合はラバーカップを用いるのが一般的な解決策ですが、正しく使えない人も多く、大抵の場合つまっている物体を奥に押し込もうとしてしまいます。

あまり知られていませんが、ラバーカップは奥に押し込むというよりも、手前に引き戻す感覚で使うのが正しいとされています。先端のゴムカップを押し込む時はゆっくり押し込み、引き戻す時に勢いよく戻すというやり方が効果的です。水漏れについては、経年劣化で発生することが多いです。パッキンを10年くらい替えていない場合や、温水洗浄便座の部品の劣化で起こることがほとんどでしょう。

パッキンや部品の交換は簡単だとよく言われますが、トイレの構造をある程度知っていてDIYが得意な人に限ってのことです。小さな部品が多いですし、分解したものの元に戻せないといった新たなトラブルにつながることもあるため注意が必要です。水漏れが軽い場合は時間を掛けて調べてから修理することもできますが、もし噴水のような水漏れの場合はただちに止水栓を閉め、水道会社に連絡を入れる必要があるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *