水漏れ・つまり修理の原因をしっかりと把握

家を建ててから10年くらい経つと、やはりあちこちで設備が劣化してくるのは避けられないものですが、そのよくあることとして、水道の蛇口からポタポタ水が漏れるようなケースです。

こうした水漏れ・つまりを放置していると水道料金がかかってしまい出費になってしまうというだけではありません。そうした水漏れ・つまりが床などにまで侵食しカビなどの原因となってしまったり、家の中の湿度が上がり熱中症のリスクなどが高まってしまうなどといったこともあり得ます。カビなどはアレルギーの元にもなったりしますし、悪臭の原因となってしまう可能性もあるのでしっかりと水漏れ・つまりは解決しておくことが大切です。また家電製品などに水分が及んでしまったら、故障の原因や火事になる可能性もあることを押さえておきましょう。

チョロチョロとかポタポタなどといったわずかな水漏れであれば、自分でも治せる可能性があります無理のうち特にパッキンの交換などであれば比較的簡単です。これは水道管と水道管の接触部分のゴムのことでこれが劣化しているせいで、チョロチョロと漏れが起こってしまっているという可能性があり得ます。そのような時であればホームセンターで同じサイズのものが見つかるのであれば、それを交換するだけで水漏れは直すことができます。しかしながら配管を外す場合にも道具などがまた必要になってしまうといったことを考えると、結果的に業者に頼んでしまった方が安くなる可能性もあるので、あまり無理はせず業者に頼むことも検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *