キッチンの水漏れとつまりは交換も検討すると万全です

長年にわたって使い続けているキッチンでは、水のトラブルは起きやすく、水漏れやつまりで悩まされているということも珍しいことではありません。

お使いのシンク台により違いはありますが、台座付きの蛇口の可動部から水漏れしていたり、台座の付け根部分からの漏れも想定できます。つまりは排水管内部が汚れで塞がれている可能性もあり、状態次第では修理料金も高くなる事例も多数あります。古くなったキッチンをリフォームせずにまだまだ使い続けることを検討しているのであれば、蛇口の交換と排水管の交換を一気に行った方が後々にお得になる場合もあるので修理店と十分に話し合いをして決めることがおすすめです。

台座付きの混合栓は選ぶ蛇口により違いはありますが、工賃込みで25、000円程度で新品に交換できます。排水管はシンク台の機種により違いはあるものの、汎用パーツを使える際には10、000円程度の出費で交換可能な場合もあります。この2つのパーツを新品に交換すると、今後はしばらく水漏れやつまりの起きない状態に保つことができ、その都度修理会社に依頼をすることも無くなります。特に排水管はシンク台の機種によっては、細い管で作られている場合もあり、そもそも排水能力に欠点が出ている可能性も否定はできません。修理店に依頼をすると太さを最適化してもらうことができるので、見積もりを出してもらう前には、プロ目線でのアドバイスを聞きながらパーツ選びをすると万全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *