つまりトラブルの原因と対処法

トイレのつまりトラブルの原因は一つではありませんが、一番多いのはトイレの水が流れていく奥の排水管にトイレットペーパーがつまることです。

トイレットペーパー以外にも排泄物がつまることもあります。トイレの水が便器内に溜められるのは、排水口の奥の排水管が一度上側に曲がってS字カーブになっており、そのあと下側に向かって伸びているためです。そうすることで便器内に封水と呼ばれる水を溜めることができるのですが、このS字カーブの箇所は物がつまりやすくなっています。水洗トイレの構造上仕方のないことなので、つまりトラブルを予防するためにはトイレットペーパーの使用量を加減するしかありません。

しかし、時にはうっかりトイレットペーパーをたくさん使ってしまうこともあり、正常に流れていかなくなることもあります。つまりトラブルが起こったらラバーカップを使用するのが一般的ですが、ラバーカップが無い場合は「しばらく時間をおく」、「ぬるいお湯を注いで待つ」という簡単な方法を試してみましょう。

ラバーカップの代用としてペットボトルを加工する方法がありますが、使用する時に便器内の水を触ることになりハードルが高い方法なので、衛生的に抵抗がある人は止めておいた方が無難です。これらのいくつかの方法で解決しない場合は、下水管に近い箇所でつまりを起こしていることが考えられるため、自力で解決するならワイヤーブラシを用意して実践するか、プロの水道会社に連絡を入れる必要があると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *