つまりのトラブルはまずは自分で解決

台所、お風呂場、洗面所などの水回りの排水溝は、掃除をきちんとしているのに、つまってしまうことがあります。

薬品を使ったり、道具を使ったり自分でトラブル解決を試みるのですが、それでもダメな場合は水道業者をよばなくてはならない事態になることもあります。つまりの原因も様々ですが、台所のつまりで多いのは植物油脂や動物油脂のかたまりです。調理で使用した植物油や、肉を焼いたときに出る動物油脂が排水口や排水管で固まってつまりの原因になることがあります。

キッチンペーパーで拭き取ったり予防はするものの、長年の蓄積で起こるため必ずある日、急に水が流れなくなるトラブルが発生します。洗剤やせっけんも原因になるようです。こちらも徐々に時間をかけてこびりついていくようで、こういったつまりを事前に防ぐために、定期的なクリーナーの使用で、パイプを掃除するのがよいでしょう。詰まりトラブルが発生した場合は、水道業者をすぐ呼ばずに自分でできることを試してみます。

家庭であるものでできる方法としては、重曹とお酢を用意します。最初に、重曹を排水溝・排水トラップにふりかけ、次にお酢を重曹の2倍の量まんべんなくふりかけます。そのあとお湯をお酢と同じくらいの量用意してながし、1時間放置してから水を流します。また、昔からあるすっぽんや、真空パイプクリーナーなどホームセンターにあるもので試してみましょう。それでも治らないようなら、いよいよ水道業者にお願いすることを検討してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *