トイレのトラブルであるつまりの原因と解決策

トイレのトラブルと言えばつまりで、多くの人が排泄物が蓄積してしまったり携帯電話やおもちゃなど流せない代物を落としてしまったりなど異物が原因だと考えがちです。

確かに前者も後者もつまりの原因ではあるものの、実際はトイレットペーパーが多すぎるからに尽きます。勿論必ずしもトラブルの原因がトイレットペーパーではありませんが、大量のペーパーが排水管のS字の部分で溜まってしまったせいで、起こるのがほとんどです。特に海外製品なら水に中々溶けない性質であるため、トラブルを引き起こしてしまう可能性は十分あり得ます。

こうなったら最後、業者に依頼しなくてはなりませんが、トイレットペーパーがつまりの原因なら簡単な解決策によって直るかもしれないです。その方法は熱湯を注ぎ、1時間ほど放置する方法となります。トイレットペーパーは時間の経過とともに水でふやけていき、流れやすくなるものです。この特性を生かしてタンク以上の高い位置から水を流す方法がありますが、熱湯を注ぐ方法も簡単な解決策として知られています。

温度は40度から50度ほどで、お風呂に入る程度が丁度良いです。量は4リットルが望ましいですが、まずは1リットルで試す事を推奨します。便器は陶器製であるため、熱に弱く、あまり熱すぎると破損する恐れがあります。こうしたリスクを避けるためには最小限から始めていくのがベストで、そのやり方も水たまりの水をなるべく取り除き、量を減らしてからです。この時にお湯に酢と重曹を入れておけば、ふやけやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *