洗面台の水漏れトラブルを修理する方法

洗面台の扉を開けたらキャビネットの中が濡れていた、また洗面所の床が濡れていたと洗面所で水の被害が起こるケースは少なくありません。

このような洗面所の水漏れトラブルは状況によって、自分で修理することも可能です。洗面所の水漏れトラブルを自分で修理するためには、まず「どこに問題があるか」をチェックすることから始めます。洗面台下の扉を開けて中の荷物は全て出しましょう。そして、蛇口を開けて洗面台の水を流してみます。水が流れてくるので蛇口を開ける前、タオルやバケツを用意しておきます。

洗面所で水が漏れる原因は主に4つです。蛇口本体から漏れ出ている、給水管・給湯管のつなぎ目部分に問題がある、排水パイプのトラップ部分のつなぎ目に問題がある、そして排水管も問題があるケースです。水を出してみてどこから水漏れトラブルが発生しているか確認したら、修理をする前に止水栓を閉めましょう。止水栓は洗面台の扉を開けた中にあります。

止水栓がハンドル式であればハンドルを時計回りに回す、ドライバー式であればマイナスドライバー時計回りに回すだけで、簡単に止水栓は閉められます。蛇口から水が漏れている場合、多くは劣化したパッキンを交換するだけで問題を解決できるようです。ナットやネジが緩み、そこから水が漏れている場合はレンチやドライバーで締めなおします。もし、このような作業が難しいと感じる場合は、ひとまず自己融着テープを巻いて対処するのもおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *