トイレ修理で厄介な水漏れは専門店が解決します

トイレの便器に少しの水が流れ続けるといった事例は非常に多く、その殆どが知らぬ間に起きてしまい、水が流れる音などで初めて発見する方も多いのではないでしょうか。

大量に流れ出るような問題は起きにくく、起きたとしても殆どが水栓タンクのレバーの問題なので直ぐに解決できます。厄介な水漏れ修理はレバーではなく他のパーツが起因していることが多い傾向にあります。水栓タンク内にはいくつものパーツが設置されていて、水漏れの原因を探るには底部にある黒いゴムのカップのチェックです。劣化していると隙間が出来てしまい水が流れてしまう現象は起きるので、交換で修理を済ませられます。

白色のプラスチック製の浮き球もチェックが必要なパーツです。近くにあるパーツやタンク内の内壁に接触している場合は、正常に機能しないことになり、穴が開いてしまい内部に水が進入している場合も同じです。この現象を見つけた際には、やはりパーツ交換で直ぐに修理できます。個人でできる範囲は限定されており、トイレの水漏れの中には、ボールタップの故障という問題も多々あります。

ボールタップには水位調整用のネジが付けられているのですが、老朽化が進んだトイレの場合は調整しても直らない可能性はあります。この判断は素人では難しく、トイレ修理の専門店に依頼をすることで正しく判断してもらえます。トイレの使用年数を鑑みて、この機会にボールタップ全てを新品に交換をしておく方法を選ぶと、今後長く安定して使えるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *