トイレの水漏れは種類によって修理方法が異なる

トイレからの水漏れはおおいに困るものです。

今まで特に問題なく使っていたのに、ある日突然水が漏れてきて慌てることもよくあります。速やかな対処が必要ですが、トイレの水漏れにはいくつもの種類があり、それによって修理の方法も変わってきます。そこで、まずはどのような種類があるかを知っておきましょう。まずは止水栓からじわじわと漏れるパターンです。止水栓の内部パーツが劣化してしまい、水をきっちり止められなくなって起こります。パッキンなど内部パーツの劣化が原因であれば、交換が必要です。

次に、トイレタンクにつながる給水管から漏れるケースです。単純にナットが緩んで漏れているケースも多く、この場合はナットをきゅっと締めなおせば収まります。ナット部分にあるパッキンが劣化しているときは、部品の交換が必要となるでしょう。トイレタンクから水漏れが起こることもしばしばあります。タンク内側のホースに穴があいていたり外れていたりして水がたまり、あふれるケースです。

フタを外してなかを確認し、適切な修理をしましょう。ホースが外れていたときははめこみなおせばOKです。穴が開いているようであれば、交換すると良いでしょう。トイレの水漏れに気が付いたら、まずは止水栓を閉めましょう。それから修理にとりかかります。ただし、自力で直すときはパーツや工具をそろえる必要があり、失敗するとひどくなる恐れもあります。心配なときは、素直に修理会社に頼むのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *