トイレの水漏れが起こる原因と修理に必要な部品とは

1日1回以上はどなたでも必ずトイレを使用するものです。

一般家庭であれば1個のトイレを家族で共用するため、使用頻度が必然的に高くなってトラブルも発生しやすくなります。水洗レバーを押していないのに、便器の水が流れたままになっているという現象を目撃されたことはありませんか。これは水洗タンクの水漏れによって起こる不具合であり、そのままにしていると水道料金が高くなるので、早急に修理をしなくてはいけません。水洗タンクの水漏れが起こる原因として挙げられるのは、タンク内に備わっている「フロート」という部品の劣化によるものです。

この「フロート」というものは、タンク内の底にある排水口の蓋を開閉させるための浮袋で、水栓レバーとつながっています。この「フロート」は合成樹脂で作られており、長期間水の中にあることで軸が腐食しやすくなります。軸が腐食すると、タンクの底にある排水口をしっかりと閉めることができなくなって水が漏れ出たままになるという訳です。「フロート」の取り換え修理はトイレ修理専門会社に依頼するのもいいですが、ご自身で対処をすることもできます。

ホームセンターやネット通販サイトで「フロート」が販売されていて、1個1、200円弱で購入することが可能です。16水栓と記載されていれば、メーカーに関係なく互換性があるので間違えて購入する心配もありません。頻発しやすいトイレの水漏れトラブル原因でもあり、ご自身で修理をすれば迅速かつ大幅に修理料金を抑えることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *