ボールタップ劣化でトイレが水漏れしている際の修理法

トイレを流して水が止まらなくなってしまう、水漏れトラブルの原因は様々です。

自分で直すのが難しいケースであれば、速やかにトイレ修理の専門業者に依頼する必要があります。専門業者によっては24時間・365日1年中対応してくれる所もあるので、急なトイレトラブルが起こっても安心です。ただ、水漏れの原因によっては自分で修理することもできます。例えば、ボールタップの劣化によって水漏れしているケースは、必要な道具が揃えば自分で修理することも可能です。タンクを開けてみると浮きが繋がってる金属パーツがあることが分かります。

これがボールタップです。ボールタップはタンク内に水が溜まりすぎてしまうのを防ぐパーツで、水が溜まると浮きが上がって栓を止め、水の供給をストップするというメカニズムとなっています。水の量をコントロールするパーツですので、この部品が劣化して壊れてしまうと水がたまり続けて流れが止まらなくなってしまいます。ボールタップ自体が壊れてしまっている場合は、交換しなければ水漏れは解消されません。

ボールタップはホームセンターやインターネット通販でも購入可能です。交換する際はまず止水栓を締めて、水が流れないようにストップします。その後レバーを何回か引いて、タンク内の水を空にしましょう。止水栓からタンク外側につながる給水管を外しますが、この時にゴムパッキンを無くさないよう注意が必要です。そしてボールタップごと交換し外したパーツを元に戻したら修理は完了です。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *