トイレの給水管などパイプ類からの水漏れを修理する

トイレの水漏れが起こる箇所として、給水管などのパイプ類のトラブルが挙げられます。

給水管はトイレの壁面から出て、タンクにつながっている管のことです。一般的に給水管の耐久年数は約15年ほどと言われています。時間が経つと腐食やひび割れが起きて、水漏れが起こる原因となります。すぐにトイレの水漏れを修理したいと言う場合は、24時間対応している専門業者に修理の依頼を行うと良いでしょう。トイレトラブルは急に起こることが多いので、前もってもしトラブルが発生した場合はどこの業者に修理を依頼するか、あからじめ何件かチェックしておくことをおすすめします。

もし、見知らぬ人を家に入れることに抵抗があるのであれば、自分で直してみることを考える必要があります。止水栓やタンクに接続する部分のパッキンが劣化したことで、水漏れているケースであれば自分で修理できるかもしれません。自分で直す場合は、ともかく水の流れをストップするために止水栓を閉めましょう。止水栓はマイナスドライバーを使い時計回りに回せば、水が出なくなります。

その後、モンキーレンチで接続部分のナットを緩め、劣化したパッキンを交換します。ナットを緩める時は左回しです。ナットを緩める時にタンク内のボールタップが動くことがあるので、動かないよう手で押さえておきましょう。パッキンはサイズを間違えないようにします。測定が難しい際は外したパッキンをホームセンターなどに持って行って、同じサイズのものを購入します。パッキンを交換したら緩めた時と同じようにボールタップを抑えつつ、ナットを締めて元に戻し止水栓を開ければ修理完了です。
トイレの水漏れ修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *